図書館HP > 利用案内 > 図書館間連携協力

図書館間連携協力

本学附属図書館と愛知大学図書館との相互利用について

 豊橋技術科学大学と愛知大学が連携協力に関する協定を締結し,施設の相互利用を行うということから,図書館においても相互に利用できることとなりました。

 愛知大学図書館の利用を希望される方は,身分証を持参の上,直接愛知大学図書館へ出向かれ,利用手続きを行ってください。
 また,図書貸出を希望される場合は,「図書貸出にあたっての同意書」の提出を求められ,署名,押印が必要となります。

 → 愛知大学図書館ホームページ

本学附属図書館と豊橋市図書館との連携協力促進について

 本学の地域貢献の推進を図るため,図書館として,豊橋市図書館との連携を深め,相互に協力しながら地域の方々へのサービスを図り,併せて本学の教職員,学生へのサービスも充実させ,両図書館の今後ますますの利用者サービスの向上,図書館活動の充実を期して,連携協力を行っています。

 サービス内容については,本学の学生証,身分証明書を所持又は本学附属図書館利用証の発行を受けた豊橋市民の方であれば,本学附属図書館を通じ,豊橋市図書館の図書の貸出を受けることが出来るというものです。
 図書の貸出冊数及び貸出期間は,豊橋市図書館の利用規程により,1人5冊まで15日間となります。(利用者が図書を受け取ってから起算します。)  また,貸出,返却図書の搬送は,豊橋市の集配本車により,2週間に一度行われます。
 以上のサービスを平成17年6月から実施しています。

 豊橋市図書館の図書を,わざわざ出向くことなく,郵送料を払うことなく借りることが出来ますので,ご利用をお勧め方々ご案内いたします。
 貸出ご希望の方は,附属図書館カウンターまでお越しください。
 豊橋市図書館の蔵書検索用に,本学附属図書館に検索用パソコンが設置してありますが,インターネットで豊橋市図書館資料検索画面から検索されても結構です。

 → 豊橋市図書館ホームページ

その他の機関

 本学附属図書館では,相互協力のサービスを行っています。
 学内に所蔵していない資料の複写物を他大学・機関から取寄せたり,現物を貸借することが可能です。
 → 詳しくは文献複写・現物貸借 のページを参照ください。
 また他大学の図書館を訪問利用することも可能です。ただし,利用できる資料・サービスは各図書館の利用規程によりますので, 詳細は,図書館 情報サービス係までお問い合せください。

(最終更新日:2017年1月24日)